お知らせ

NEWS

「AIDMA 1号投資事業有限責任組合」の設立について

2020.01.29(水)

「AIDMA 1号投資事業有限責任組合」の設立について

 

 株式会社百五銀行(頭取 伊藤 歳恭)と、当行の投資専門子会社である百五みらい投資株式会社 (代表取締役 林 篤紀)は、本日、企業の事業承継支援を目的とするファンド「AIDMA(アイドマ)1号投資事業有限責任組合*」(総額30億円、以下「本ファンド」)を設立しましたので、下記のとおりお知らせします。

 百五みらい投資株式会社は、本ファンドを活用し、事業承継に取り組む企業への資金の提供、経営 支援を積極的に行い、お客さま、そして地域とともに、持続的かつ安定的に成長していくことをめざします。

 同社は、本ファンドの運営に関し、ソロンパートナーズ株式会社(代表パートナー 齋藤 正継、吉川 明)とアドバイザリー契約を締結しています。

 

 

 1 「AIDMA1号投資事業有限責任組合」の概要

 

運営会社

百五みらい投資株式会社

出資金総額

30億円

LP投資家

株式会社百五銀行

投資対象

事業承継に関し支援ニーズのある企業

設立日

2020129

アドバイザー

ソロンパートナーズ株式会社

 

 *AIDMA(アイドマ)は、契約・購買に至る顧客心理のプロセスを表した用語。Attention   (注目)、Interest(興味)、Desire(欲求)、Memory(記憶)、Action(行動)の頭文字を取ったものです。事業承継の受け皿として組成する新しいファンドを、広く中小企業に認識していただき、興味をもって利用していただきたいという思いを込めています。

 

  

2 スキーム概要

 

 

                                                  以上

Copyright © 2020 百五みらい投資株式会社 . All Rights Reserved.