お知らせ

NEWS

「AIDMA 1号投資事業有限責任組合」による投資決定について

2021.04.23(金)

株式会社百五銀行(頭取 伊藤 歳恭)と、当行の投資専門子会社である百五みらい投資株式会社(代表取締役 林 篤紀)は、企業の事業承継支援を目的とするファンド「AIDMA(アイドマ)1号投資事業有限責任組合」を通じてハスクバーナ・ゼノア株式会社(本社  埼玉県川越市、代表取締役  アンナ・パウリーン・エリザベス・ニルソン)が2021年6月1日に新設するゼノア環境装置株式会社の株式譲受を決定いたしましたので、下記のとおり、お知らせします。

 百五みらい投資株式会社(以下、当社)は、引き続き本ファンドを活用し、事業承継に取り組む企業への資金の提供、経営支援を積極的に行い、お客さま、地域の発展に貢献していきます。

 

 

【投資先企業の概要】

社 名

ゼノア環境装置株式会社

代表者

斉藤 博之

所在地

埼玉県川越市南台1番9号

設立予定日

2021年6月1日

譲受予定日

2021年6月30日

業種

破砕ポンプおよび周辺機器部品の製造、修理、販売

 

<投資決定理由>

ゼノア環境装置株式会社が行う破砕ポンプの製造・販売および修理に関する事業(以下、ポンプ事業)は、 1959年の小松製作所と Sulzer Brothers 社 (スイス) との技術提携に始まり(1985 年に技術提携終結) 、60年以上の歴史を積み重ね、日本国内において高いブランド力のもとでトップシェアを誇っています。

 ポンプ事業は、下水道などの社会インフラ整備において重要な役割を担っており、広く社会貢献につながる意義のある事業です。

 当社といたしましては、PFIなどの社会インフラ向けファイナンスに強い百五銀行グループが有するノウハウやリソースを活用することで、ゼノア環境装置株式会社の化学・食品・バイオマスなどの幅広い分野でのさらなる市場の開拓・創造を支援すること、および円滑な事業承継支援が可能と考え、本件投資決定に至りました。

以上

 

【本件に関するお問い合わせ先】

 百五みらい投資株式会社  林・滝川・古市・若畑  TEL(059)224-8105

Copyright © 2020 百五みらい投資株式会社 . All Rights Reserved.